結婚式の準備 顔合わせについて

顔合わせで手土産は用意する?どのようなものを選べば良いのか

結婚までのステップとして大事な、両家の顔合わせ。会場はどこにするか、服装は何がいいかなど悩むことは多いかと思いますが、中でも困るのは手土産ではないでしょうか。何を渡すべきか、好みに合うものは何なのか、価格はどのくらいか…相手の手に渡ってしまうものだから、余計に迷ってしまいますよね。

そこで今回の記事では、顔合わせの際の手土産についてまとめました。そもそも手土産は必要なのか、どうやって選んだら良いのかなど、参考になる情報をご紹介しています。これから顔合わせを行うという方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

顔合わせのときに手土産は必要?

お互いの家族を知る場として大切な、顔合わせの場。レストランなどでかしこまった食事をするのだから、なくても良いのでは?と考える方もいるかもしれません。そもそも、顔合わせの際に手土産は本当に必要なのでしょうか?

手土産を渡す意味とは

顔合わせの際に手土産を渡す大きな目的は、その場を和ませることです。顔合わせのときはお互いまだ慣れない関係で、本人たちだけでなく親たちも緊張するもの。そこで最初に手土産を渡すことでコミュニケーションのきっかけをつくり、場の空気を穏やかにして、落ち着いて会話ができるようにするのです。

手土産の内容が話のネタにもなりますので、最初の会話に困りにくくなることもメリットです。手土産を通して人となりが垣間見えたり、渡した人の思いが感じられたりもします。「これからよろしくお願いします」という思いを伝えるという意味でも、手土産は重要な役割を果たしてくれるのです。

両家で話し合って決める

手土産を渡す意味についてお話ししましたが、手土産を渡すことそのものは顔合わせのルールではありません。渡さないという選択をするのもありなのです。

ただ、妻側か夫側、どちらかだけが手土産を持参していると、お互いに気まずい空気になってしまうかもしれません。ルールではないからこそ、お互いに持参するのか、価格や量はどのくらいかなどを事前に話し合って決めておいた方が良いでしょう。

手土産を渡さないこともあり、とお話ししましたが、例外はあります。どちらかの実家に行くときは、訪れる側が手土産を用意しておくことが礼儀です。訪問を受けた側も、帰りに持ち帰る簡単な贈り物があると良いでしょう。

手土産に明確なルールはないとはいえ、会場がどこかによって適切な対応は変わってきます。その点は間違えないように気をつけましょう。

渡すタイミング

手土産を渡すタイミングは、挨拶が終わって、着席する前が一般的です。最初に渡すことで、会話のきっかけにもしやすくなります。

もしも最初にタイミングを逃してしまったら、帰り際に渡しても大丈夫です。渡すタイミングについてもルールは基本的にありませんので、流れを見て判断しても良いでしょう。

渡す際のマナーとして、手土産を入れてきた紙袋や、包んでいた風呂敷などは外して渡すようにしましょう。外した紙袋などは持ち帰るのではなく、相手が運びやすいように、あとから渡すとベストです。

手土産の金額はどれくらい?

手土産を準備する際、迷うのが金額帯ではないかと思います。どのくらいの金額なら失礼ではないのか、あるいは高すぎて気を使わせないのかなど、いくらぐらいにしたら良いのか悩むところです。

顔合わせの際の手土産の価格は、一般的には3,000円~5,000円程度が相場と言われています。失礼に当たらない、かといって気を使うほどでもない、ちょうど良い金額です。

けれど、もしかしたら親が張り切って高いものを準備してしまう…なんてこともあるかもしれません。値段の差があると、安かった方が恥ずかしい思いをしたり、渡した方も気まずくなってしまったりすることもあります。事前に打ち合わせをしておいて、両家の間である程度差が出ない金額を示し合わせておくと良いでしょう。

手土産はなにを選べばいいのか

手土産を渡すことが決まって、ある程度金額帯も打ち合わせをしたら、実際に何を手土産にするかを選びます。手土産と一口にいっても、相手の好みなどを考えると選ぶのは大変です。相手に喜んでもらえる手土産は、どのように選べば良いのでしょうか。

相手の好みをリサーチ

手土産を喜んでもらうためには、まずは相手の好みをしっかりリサーチしておくことが重要です。当たり前のことではありますが、人にはそれぞれ好みがありますので、前もって確認してから準備するようにしましょう。

どんなものを選べばいい?

相手の好みにあっていて、かつ両家の顔合わせの場にふさわしい手土産は、何を選ぶと良いのでしょうか。

一般的には、菓子折りやお酒など、手土産として渡すものは食品が多いです。後に残らないのでもらっても困りにくく、受け取りやすいからです。

ケーキなどの大きなものや、割れやすいせんべいなどは、「切り分ける、割れる=縁が切れる」として縁起が悪いとされています。できれば個包装で、あまりかさばらないものを選ぶと良いでしょう。日持ちしにくいものや、生ものも手土産には不向きです。

選ぶポイントとしては、以下も参考にしてみてください。

縁起物
結婚前の顔合わせということで、手土産には縁起物が選ばれることも多いです。たとえば、層が重なっていることから、「夫婦で年を重ねていく」ことをイメージできるバウムクーヘン「2枚が重なっている=両家が結びつく」というイメージが持てる、どら焼きや最中などが選ばれやすいです。

昔からの縁起物と言われているのが、昆布です。昆布が縁起物とされているのには諸説あり、「よろこんぶ(喜ぶ)」という語呂合わせや、昔は「広目(ひろめ)」と呼ばれていたことから「両家の結びつきを広める」という意味が込められていたとも言われています。

相手の好みを考慮した上で、縁起の良いものを選ぶと喜ばれるかもしれません。

地元の銘菓や特産物
もしもお互いの地元が離れているのであれば、地元でしか目にすることのないような銘菓や特産物がおすすめです。知らない土地の製品はなかなか目にすることがないですし、最初に盛り上がる話題づくりのきっかけにもなります。お酒が好きな方であれば、地元の銘酒を選んでも良いでしょう。銘菓や特産品との組み合わせもおすすめです。

羊羹やカステラ
羊羹やカステラも切り分ける必要があることから、縁起が悪いものとされています。しかし、一方ではどちらも「長い」お菓子であることから、「末永く」という意味を込めて手土産に選ばれている場合もあります。

こちらが良い意味合いで選んだとしても、相手は「縁起が悪い」と判断してしまうかもしれません。「末永くお付き合いをお願いしたいと思いまして…」などと、その手土産に込めた思いを添えて手渡すと、誤解を招かずに済むでしょう。

羊羹やカステラを手渡すのであれば、長いままの形で包装されていて、すでにカットされているものがおすすめです。

まとめ

両家の顔合わせは、これから長い付き合いをする相手との大事な場所です。ここで印象が決まってしまうこともあるかもしれません。

手土産は、相手に持ってもらう印象を良くするきっかけになってくれるものです。せっかくなら、相手への思いを込めて選んでみてはいかがでしょうか。これから顔合わせに臨むという方は、今回ご紹介した情報も参考にしながら、素敵な手土産選びをしてみてくださいね。2人の始まりの場が、うまくいくことを願っています。

ハナヨメ診断バナー

Recommend

VMGオンライン式場相談 1

結婚式の準備を始めるときに「何から始めて良いのかわからない」。そんな疑問を持つ方は非常に多いです。 そういった方々はウエディングフェスに参加して式場や結婚式について知るのが一般的ですが、昨今のコロナウ ...

2

結婚式準備って最初は何からすればいいのか分からないですよね。そんな中、新型コロナウイルスの影響で外に出ることが出来ず、結婚式の準備をスタートできていない方も多いです。 ですが、このコロナ禍で結婚式界隈 ...

3

「フォト婚をしたいけれど、どうやってスタジオや会場を選んだらいいのかわからない」 そういった悩みをもつ方は沢山いらっしゃいます。通常の結婚式と異なり、サイトに載っている情報も少なく、本当に質の高いもの ...

4

おふたりの間で結婚することが決まったら、まずは結婚式場探し、、、。 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出の自粛要請が出ていて 式場探しを含めた結婚式の準備がなかなか進めれないと思っているカッ ...

-結婚式の準備, 顔合わせについて

Copyright© Wedding Fes Magagine|Value Management Inc , 2020 All Rights Reserved.