顔合わせ

顔合わせ・結納

両家顔合わせの食事会はいつ行うのがマナー?!

結婚が決まって幸せな時間を過ごしているあなた、結婚式のことばかりが頭の中を占めていませんか?

その前に考えたいのが両家の顔合わせです。お互いの両親に失礼のないように、スマートに顔合わせを進めて、幸せな結婚生活をスタートさせたいですよね。

今回は両家顔合わせの食事会をいつ、どんな風に行うのがよいのかを解説いたします。

※11月20日 顔合わせマルシェについて追記しました。

両家の顔合わせはいつ?

結婚式の日取りや、入籍日、新居はどこにしよう、など気になることはたくさんありますが、もっとも大切なのは、お互いの両親に心から祝福してもらえることですから、両家の顔合わせはスムーズにいくよう、しっかり計画しましょう。

まず最初に決めないといけないのが、顔合わせの時期です。一般的には入籍の前に顔合わせを行います。タイミングとしては、入籍の半年前〜3ヶ月前に行う人が多いようです。あまりに早すぎると少し間延びしてしまいますし、直前過ぎると結婚式の準備などに追われてしまうこともあるので、余裕を持ったスケジュールが理想的ですね。

入籍日に関しては、記念日などこだわりがある方もいるかもしれませんが、よほどの事情がない限りは顔合わせをした後に、入籍するのがよいでしょう。

現代では、結婚は当人同士が主体となるのが普通になりましたが、親世代では、結婚とは家と家とをつなぐもの、という考えが根強いのも確かです。両家顔合わせで万が一何か問題が起こったとしても、入籍してしまった後では簡単に離婚するというわけにもいきません。

入籍をする前にお互いの家族を紹介しあい、どのような方なのかを知ってもらうと、その後の準備や生活をスムーズにスタートすることができるでしょう。

 

顔合わせの平均予算は?服装は?当日の進行は?
顔合わせに関する「分からないこと」への回答を知りたい方は、これらが全部つまった【結納&顔合わせまるわかりBOOK】がおすすめ。
フォームにメールアドレスを入力するだけで、自動返信で無料でGETできます!

 

また、顔合わせについてより詳しく知ることができる「顔合わせマルシェ」もおすすめです。
自分たちにあった顔合わせスタイルをプロに相談できるほか、顔合わせで押さえておきたいチェックポイントをまとめた「顔合わせチェックリスト」も無料でもらえます♪
顔合わせで失敗したくない方はぜひ「顔合わせマルシェ」にも参加してみてください!

 

 

 

顔合わせ食事会のイメージをかためよう

では次に、どんな雰囲気の食事会にするのかイメージしてみましょう。両親同士は初めて会うのですから、いくらおめでたい席とはいえ多少緊張はしますよね。両親の好みも考慮して、リラックスして会話が弾むような食事会にしたいものです。

落ち着いた雰囲気を好む方なら、お庭が見渡せる料亭で。華やかなスタイルが好む方なら素敵なレストランで、という風に、自分達よりも両親の好みを優先した方がうまくいくかもしれません。

お店選びのポイントとしてまずあげられるのが、格式が高く上品な雰囲気があるかでしょう。両家の初顔合わせという重要な行事ですから、少しかしこまった雰囲気の場所がふさわしいでしょう。

次に料理の味。食事が目的ではないとはいえ、料理がおいしいと会話もはずむものです。両親が好みの料理のジャンルを選びましょう。店員の対応もチェックポイントです。大事な席ですから、トラブルなく気持ちよく過ごせるよう、気配りのある接客をしてくれる場所がいいですね。

また、遠方からどちらかの地元に来て顔合わせを行うという場合には、空港や駅からのアクセスの良さも考慮に入れましょう。

顔合わせの日取り 決め方

顔合わせの日取りの決め方ですが、やはり両親の意見を聞いてきめるのがよいでしょう。最近はそれほど気にしないという人も増えたようですが、大安や仏滅などの吉凶を重視するご家庭もあるはずです。

縁起のよい大安にしたいという希望があれば、できるだけ考慮して、調整しましょう。

時間帯は、顔合わせ当日が日帰りのスケジュールかどうかに大きく関わります。遠方から集まり、宿泊をする場合には夜でも構いませんが、日帰りの場合には、帰りの飛行機の時間などを考えて昼間を選択する人が多いようです。

両家顔合わせ 当日の流れを考えよう

日取りと会場が決まったら、次は当日の流れをしっかりイメージしておきましょう。

話題を準備しておこう!

顔合わせの席では、お互いの家族の紹介や、本人たちの子供の頃の話題などでおしゃべりも弾むはず。そして場も落ち着いてきた頃に、必ず話題に上がるのが結婚式の話題です。

両家の両親がそろっている貴重なチャンスを逃さず、ここである程度まで結婚式に対するイメージをすり合わせておくことをおすすめします。
事前に自分達でどんな式にしたいかのイメージを持っておき、「場所はこのあたりでしようと思っている」、「こんな会場でどのくらいの規模で」など、希望を伝えておきましょう。

両家で結婚式に対するイメージが違うと、後々に「もっとたくさん親族を呼んだほうがよかった!」とか逆に「近場でやってほしかった」など、不満が出てトラブルにつながる可能性があります。

顔合わせの場で、結婚式の方向性を共有しておけば、その後の準備もスムーズです。この時、式場のパンフレットなどを見せながら話すと、ご両親もイメージがつきやすくてよいのではないでしょうか。

結婚式のイメージを広げるのにぜひおすすめなのが、結婚式場探しのための、体感型ウェディングイベント「ウェディングフェス」です。(昨今の新型コロナウイルスの影響を鑑みて、オンライン上で開催となったウエディングフェスはこちら

フェスには、結婚式にまつわることならなんでも相談できる式場相談ブースがあります。会場のことだけでなく、両家顔合わせについても相談にのってもらえます。
結婚式をあげるにあたっては、ドレスや会場の雰囲気など、決めるのにワクワクすることがたくさんなのはもちろんですが、顔合わせをはじめ、失敗できない、世間の常識に詳しくないから不安、という気持ちもきっとあるはずです。

そんな時に、豊富な知識を持ったスタッフにアドバイスをもらえるのはとても心強いですよね。

一生に一回の結婚式だから、後から後悔したくないのは花嫁みんなの気持ちです。結婚準備からハネムーンまでどんなことでも相談できるイベントをどんどん活用して、結婚式へのテンションをあげていきましょう。

このフェスでは、1人で参加することも可能で、パートナーが忙しくてなかなか都合がつかないという方にもおすすめ。また、会場によっては、ウェディングメニューの試食ができるというのもうれしいポイントです。

ゲストには満足のいく料理を楽しんでもらいたいと考えるオトナの結婚式にはぴったりですね。(※試食はリアルイベントのみでの開催になります)

顔合わせ食事会の一般的な流れ

ここで両家顔合わせの一般的な流れをご説明しておきましょう。

・はじまりの挨拶
本人が両親を招くスタイルならば、彼、もしくは2人で。彼の両親が主催するスタイルなら、彼のお父さんが。

・両家族の紹介
はじまりの挨拶が終われば、お互いの家族紹介に移ります。このとき、仕事や趣味、人柄がわかるようなエピソードを盛り込むと場が和みますよ。

・婚約記念品のセレモニー
当日までに結婚指輪を用意している場合には、指輪の交換をして家族にお披露目をするのもよいですね。一気にセレモニー感が盛り上がります。

・記念撮影
結婚式当日はバタバタしてしまい、ゆったりと写真撮影する時間がないかもしれません。たっぷり時間があるこの機会に、記念写真を撮っておきましょう。

・乾杯&会食と歓談
かしこまった時間が終われば、リラックスして食事を楽しみます。彼、もしくは彼のお父さんが簡単に乾杯の挨拶をし、食事をしながら歓談に入ります。
親同士は初対面ですから、2人が間をつなぐように話題を提供し、楽しく過ごせるように気を配りましょう。

・結びの挨拶とお礼
会が終了する前に、2人から両親に向けてお礼の言葉を伝えましょう。このとき、サプライズでプレゼントを用意しておくと喜ばれるかもしれませんよ。


★結納・顔合わせについてもっと知りたい方は、「結納・顔合わせBOOK」でより自分にぴったりなスタイルを見つけよう♪

新型コロナウイルスの影響でどうすれば良いかわからない場合

ここまで一般的な顔合せの流れについて説明してきました。しかし、2020年5月現在、新型コロナウイルスの影響で結婚式の準備を進めることが難しくなりました。
顔合わせについても、結婚式準備と同様に通常通り行うのが難しい状況となっています。このような状況となったことで、顔合わせを延期にする方が増えています。
顔合わせは結婚するにあたって、ご両家の意思を確認するための大切な場であるため、完全にキャンセルするのではなく、コロナ禍が収束してから行おうと考えていらっしゃる方が多いです。

「いろいろ調べてみたけれど、結局自分たちに合う顔合わせのイメージがわかない」「顔合わせについて気軽にプロに教えてもらいたい」という方は、無料でプロに相談できる「顔合わせマルシェ」がおすすめです!
両家のイメージが決まる顔合わせで失敗したくない方は、顔合わせマルシェでもらえる「顔合わせチェックリスト」も参考にしながら、準備を進めていくと安心ですね♪

 

 

入籍関連に役立つ情報がたくさん載っている結婚スタイルマガジン

株式会社俄(にわか)さんが運営されている結婚スタイルマガジンもオススメです。

結婚スタイルマガジンは結婚式場を探すサイトなんですが、編集記事が豊富で詳しくかなりオススメです。

下記のサイトから結婚準備の記事を見てもらえれば、おふたりに役立つ情報がきっと載っているはずですので、一度ご覧ください。

顔合わせ・入籍・結婚挨拶などの相談がlineでできるウエカレ相談デスク

ウエカレ相談デスクでは、入籍・結婚挨拶・結婚報告・顔合わせ・結納などの相談がlineでできます。

これは夜中でも、おうちでも、通勤中でも、気軽にスマホで情報収集ができるので、便利です。

下記のよりウエカレ相談デスク(ウエディングカレッジ)のline友達登録ができますので、興味があれば試してみてください。

友だち追加

line相談だとやってみて、気に入らなければ自分でブロックもできますし、早速行動してみてはいかがでしょうか。

画面の下部にある「lineで簡単相談」をタップすると、lineの自動返信で相談が始められます。

ウエカレline相談

ウエカレline相談は結婚挨拶、結婚報告、顔合わせ、結納などの相談がlineでできる

 

まとめ

両家の顔合わせは、結婚式への第一歩ともいえる大切な行事です。これからも永くお世話になるお互いの両親といい関係を築けるよう、気持ちの良い時間にしたいものですよね。

会場選びから当日の流れまで、まだちょっと心配がある、と感じている方は、ウエディングフェスLINE相談に参加してみてはいかがでしょうか。

多くの結婚式を見てきたスタッフから、経験に基づいた的確なアドバイスがもらえること間違いなしです。
両家の顔合わせが素敵な時間になりますように!

 

 

 

Recommend

コロナ第三波の結婚式はどうなる?第二波までとは違う動きに注目! 1

コロナ第三波が到来! 全国で毎日、コロナウィルスの感染者数が過去最大を更新している。 冬が到来し、気温が下がり、人の抵抗力も下がるので、今後感染は広がっていく事が予想される。 では結婚式はどうしたら良 ...

【コロナ第三波の結婚式準備】フェーズ別無料お役立ちBOOK 6選<顔合せ・家族婚・コロナ対策 etc.> 2

目次 【結婚挨拶】 結婚が決まったらまずは挨拶! "マナー"って自信ある?? 【両家顔合わせ・結納】  顔合わせと結納の違いって?準備まるわかりBOOK 【結婚式のイメージ作り・いろは】 結婚式の費用 ...

コロナ禍の結婚式は、感染症対策が必須。結婚式コロナ対策で気をつけたい3つのポイントとお勧めのコロナ対策グッズ7選を紹介。 3

目次 結婚式のコロナ対策のキホン 3つのポイント シーン別 おすすめのコロナ対策グッズ7選 <来館前のコロナ対策>①ゲストカード <来館前のコロナ対策>②コロナ対策案内カード <来館前のコロナ対策>③ ...

顔合わせ・結納の違いは? 4

結婚準備はみんな初めてのもの。 『顔合わせ』『結納』と言葉は聞くものの、「結局何なの?」「何が違うの?」「みんなどうしているの?」「どうやって進めればいいの?」を、わかりやすく解説します! &nbsp ...

-顔合わせ・結納
-

© 2021 Wedding Fes Magagine|Value Management Inc