コロナ禍の結婚事情 ブライダルフェア 結婚式の準備

withコロナ時代の結婚式場の探し方!結婚式場選びは変わっていく

2020年に入り、コロナウィルスの感染拡大、緊急事態宣言の発令と解除など、コロナウィルスによって、大きく社会が影響を受けています。

4月~6月に結婚式を予定していたカップルも95%以上が結婚式を延期しました。

結婚式場は経営が甚大なダメージを受けており、その苦しい状況の中で、withコロナ時代のアイデアを多数生み出してきました。

このうちの一部は、アフターコロナでも残る考え方やサービスがありそうです。

もはやアフターコロナではビフォーコロナとは違う世界になると思いますが、ではwithコロナ時代ではどうすれば良いのか。

今日はこのテーマを考えていきたいと思います。

題して、withコロナ時代の結婚式場の探し方!結婚式場選びは変わっていくをご紹介します。

withコロナ時代の結婚式当日

結婚式場探しの前に、withコロナ時代の結婚式当日についてご紹介します。

今、ウエディング業界では式場の垣根を超えて、withコロナ時代の新しい業界基準を策定されています。

4月にウエディング系IT企業のリクシィ社が最初に「withコロナ時代の結婚式宣言」を掲げ、全国100以上の式場が賛同しました。

また、6月には、大手18社が旗を振り、ゼクシィが仲介した「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言」では全国1300式場以上が賛同し、結婚式場側もコロナ時代に、コロナウィルス感染症対策を施して、結婚式を実施できる様に努力しています。

そして、ウエディングプランナー向けにも、ウエディングプランナーのコミュニティSUEHIROが、4月にコロナと戦う、ガイドライン「結婚式Q&A集」完成!!をリリースし、業界団体のBIA(日本ブライダル文化振興協会)が5月に新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインを発表し、全国の結婚式場でガイドラインの運用がスタートしています。

BIAのガイドラインには、

  • 人と人の感覚は2mを目安(最低1m)確保する様に努める
  • コロナウィルス陽性者と濃厚接触があった場合、出社・参列は控える
  • スタッフもマスク・フェイスシールドを着用する
  • 施設内の換気を徹底する
  • お酌は避ける
  • 大声を発する余興は控えてもらうこと
  • 集合写真の撮影は直前までマスクを着用し、会話を控えてもらうこと
  • 集合写真の撮影は密集となることのないポーズとすること
  • オンラインでの打ち合わせが可能な環境を整えること

などが定められています。

これはwithコロナ時代に結婚式場探しをする場合、新郎新婦側も知っておく必要がある項目となります(もちろん式場側は対策してくれていると思いますが)

特に、施設内の換気を徹底するに関しては注意が必要で、結婚式はプライベートを大切にする儀式やお披露目の場になるので、時折、窓がない会場が存在します。

withコロナ時代で結婚式場を選ぶ場合は、窓の開放など換気が可能かどうかは必ず確認する方が良いでしょう。

withコロナ時代の結婚式場探し

6月になり、緊急事態宣言は解除され、外出ができる様になりました。

緊急事態宣言発令中ほど、外出は控える必要はなくなりましたが、またいつ第2波が来るかわかりません。

結婚式当日にコロナが蔓延していたら、結婚式の延期しか選択肢はありませんが、今苦しんでいるのは7月8月に結婚式を実施するカップルです。

通常、4カ月~6カ月かけて、結婚式準備を行い、結婚式当日を迎えますが、4月~6月に結婚式準備の中断を余儀なくされたカップルが今必死に準備している状況があります。

ただ、withコロナ時代では外出自粛中でも結婚式場探し、結婚式準備を進める方法があります。

コロナの第2波がいつ来るのかがわからない状況です。

いざという時のために知っておくと良いでしょう。

結婚式場探しは、情報収集~式場決定までの間を、「知る」「教わる」「確かめる」の順序で進めていきます。

結婚式準備の対面打合せができない外出の自粛要請があっても、結婚式場探しや結婚式準備は進められる。

 

その流れがwithコロナ時代では下記の様に変化します

 

ビフォーコロナでオフラインで行っていたものが、コロナ禍を経て、全てオンラインでサービス提供されています

コロナ禍でオンラインセミナー、オンライン相談が一気に活性化しました

ブライダルフェアもオンラインで完結できる。バーチャル式場見学などIT技術を活用したサービスも出ています

結婚式の当日の打ち合わせもオンライン化

長らく紙文化が残っていたウエディング業界ですが、コロナ禍で一気に業務管理システムの導入、line導入などコミュニケーションチャネルの変化が起こっています。

特に業務管理システムの導入は新郎新婦様にとって、準備が効率化できるメリットがあります。

ビフォーコロナまで招待状リストを手書きで行っている結婚式場も結構ありました。ホテル系は特に多い印象です。

またシステム面だけでなく、ウエディングプランナーとの打ち合わせも一定オンラインで実施する事ができるので、わざわざ結婚式場に行かなくても、自宅で結婚式準備ができる環境が整ってきました。

これからの結婚式場探し、結婚式準備

この様に結婚式場探しも、結婚式準備も変わっていきます。

withコロナ時代の結婚式場探し。

withコロナ時代の結婚式準備。

うまくオンラインも併用しながら、効率的に進めていくと良いでしょう。

ウエディングフェスマガジン編集部より

IT化が遅れていたウエディング業界もコロナウィルスで甚大なダメージを受けた事により重い腰を上げました。

一気にIT化が進む事により、新しいサービス、新しい手法がこれから多数生まれてくる事でしょう。

画期的な結婚式場探し、画期的な結婚式準備ができる時代がもう目の前までやってきています。

今日はここまで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

Recommend

VMGオンライン式場相談 1

結婚式の準備を始めるときに「何から始めて良いのかわからない」。そんな疑問を持つ方は非常に多いです。 そういった方々はウエディングフェスに参加して式場や結婚式について知るのが一般的ですが、昨今のコロナウ ...

2

結婚式準備って最初は何からすればいいのか分からないですよね。そんな中、新型コロナウイルスの影響で外に出ることが出来ず、結婚式の準備をスタートできていない方も多いです。 ですが、このコロナ禍で結婚式界隈 ...

3

「フォト婚をしたいけれど、どうやってスタジオや会場を選んだらいいのかわからない」 そういった悩みをもつ方は沢山いらっしゃいます。通常の結婚式と異なり、サイトに載っている情報も少なく、本当に質の高いもの ...

4

おふたりの間で結婚することが決まったら、まずは結婚式場探し、、、。 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出の自粛要請が出ていて 式場探しを含めた結婚式の準備がなかなか進めれないと思っているカッ ...

-コロナ禍の結婚事情, ブライダルフェア, 結婚式の準備
-, , , , , ,

Copyright© Wedding Fes Magagine|Value Management Inc , 2020 All Rights Reserved.