【例文つき】メールでの入籍報告の書き方|適切な報告のタイミング

結婚報告・挨拶

【例文つき】メールでの入籍報告の書き方|適切な報告のタイミング

入籍が決まったら、上司や職場に報告をする必要があります。
その際は、入籍報告にメールを使うこともできますが、マナーを守ることが大事です。
相手やタイミングにも注意して、社会人としてふさわしい伝え方をしましょう。

今回は、入籍報告をメールでおこなう際のマナーや文例をご紹介していきます。
報告相手や結婚の仕方によっても文面が異なるので、ぜひ参考にしてください。

 

入籍報告のベストなタイミングは?

入籍報告のベストな適切なタイミングとは?|メール文例つき

入籍報告のベストな適切なタイミングとは?|メール文例つき

上司や職場に、入籍を報告するベストなタイミングを解説していきます。
結婚が決まったら、早めに報告準備を進めていきましょう。

入籍の1~3ヶ月前

会社は、入籍によって従業員の氏名や住所、家族関係が変わると、保険をはじめとするさまざまな手続きが必要になります。
また、結婚式の準備や式・披露宴・新婚旅行などによる休暇があると、仕事の調整も行わなくてはなりません。

そのため、上司や職場には入籍3ヶ月前を目安に、入籍予定の報告をすることで、その影響を最小限に抑えられます。

結婚式や新婚旅行を省略する場合は1ヶ月前でもそれほど問題ないですが、早く済ませれば手続きで慌てることがありません。

入籍報告を伝える順番は、最初に直属の上司に行うのが基本です。
先に、同僚や仲の良い先輩に報告をした場合、本人からではなくまわりの人から上司の耳に入ると、心証を損なうため気をつけましょう。

一方で、結婚式をしない場合、結婚式に招待する必要がないからといって、職場に入籍報告をしないのはNGです。
結婚したことを報告しないままにしていると、後々弊害が起きるかもしれません。

たとえば、入籍後に妊娠・出産となった場合、休暇や移動などの調整が必要となるため、黙ったままにしておくことはできないでしょう。
職場への入籍報告は、
「仕事を円滑に進めるために必要なことである」と前向きに考えておくと良いです。

結婚式を行う場合は式の3~4ヶ月前

結婚式をする場合は、招待客を決めたのちに入籍報告をします。

職場の人を招待して結婚式を行う場合は、できる限り早めの報告を心がけましょう。
招待される側もスケジュール調整が必要になるため、
遅くても結婚式の3~4ヵ月前までが適切です。

 

入籍報告はメールでも大丈夫?

入籍報告はメールでも大丈夫?|メール文例つき

入籍報告はメールでも大丈夫?|メール文例つき

直接の入籍報告を一人ひとりにするのは難しく、メールでしてもいいか迷っている方もいるかもしれません。
結論からお伝えすると、
伝え方や相手を間違えなければ、入籍報告をメールで行っても構いません。

とはいえ、入籍は重要な報告にあたります。
送受信が簡単にできるメールで、重要な報告を行うことに否定的な考え方をする人も少なからずいます。
メールで報告をする場合は、相手を選んで行うようにしましょう。

また、メールは広がるのが早いため、結婚式に招待された・されないで、人間関係がギクシャクするかもしれません。
メールは便利ですが、報告のタイミングや順番を間違えるとトラブルのもとになりかねないため、重要な報告はとくに慎重にすすめましょう。

家族や上司にはできれば直接伝えよう

前述では、「相手を選んだうえで、入籍報告をメールで行っても構わない」とお伝えしましたが、実際には、口頭で入籍の報告を行うのが基本です。

毎日顔を合わせる大事な家族や、日ごろお世話になっている上司には、口頭で報告しましょう。
報告の仕方によっては、信頼関係に影響を与えてしまうほど大事な事柄です。

ただし、遠方に住んでいる家族には、電話で伝えても良いでしょう。
また、親戚には両親から伝えてもらうほうがスマートですが、頻繁に行き来をしている親密な関係なら、直接か電話で報告をしたほうが丁寧です。

直属の上司や同じ部署の人には、職場で顔を合わせたときに報告すると自然です。
上司となかなか顔を合わせる機会がない場合は、話がある旨をメールで連絡して時間を取ってもらい、直接報告をしましょう。

会うのが難しい人にはメールでもOK

同じ職場でもなかなか会う機会がない相手には、メールでの入籍報告が便利です。
勤務地が遠い人、他部署の先輩、あまり親しくお付き合いのない同僚であれば、メールのほうがお互いに時間を取られず、仕事の邪魔をすることもありません。

伝えたい人数が多く、効率よく一斉に入籍報告をしたいときにも、メールが便利です。
ただし、目上の人や年上の年代にメールで報告すると雑な印象を与えるため、ケースバイケースで考えましょう。

メールでの報告が不安なら、直属の上司や先輩にどのようにすればよいか相談することをおすすめします。
メールはあくまでも一時的な対処と考えて、直接顔を合わせるチャンスを狙い、あらためて結婚の報告をすると丁寧です。

 

上司・同僚・取引先などへの報告メールの書き方と文例

上司・同僚・取引先などへの報告メールの書き方と文例(入籍・結婚式・名字変更・退職)

上司・同僚・取引先などへの報告メールの書き方と文例(入籍・結婚式・名字変更・退職)

入籍報告のメール文例と作成時のポイントを紹介していきます。
相手は、上司・同僚・取引先です。
メールの文章は、報告する相手と結婚の仕方に応じて変える必要があるため、ぜひ参考にしてください。

結婚式に招待する場合

入籍報告とともに、相手を結婚式に招待する場合は、日程をしっかり文面に入れましょう
定型の文面をそのまま使っていると心がこもっていない印象を与えるため、文中には送る相手の名前を入れて、丁寧に文章をつくります。

その際、格式ばった言葉を並べるよりも、伝わりやすくわかりやすい文章が基本です。
自分の所属とともに、日頃お世話になっているお礼、今後も良好な関係を築きたいなどの気持ちも盛り込んで作成しましょう。

【文例】

件名:結婚の報告と式参列のお願い

◎◎さん

お疲れさまです。
○○課△△です。
お仕事中に失礼いたします。

私事で恐縮ですが、このたび、結婚することとなりました。
挙式は○月○日に○○にて執り行いますが、日頃からお世話になっております◎◎さんにも、ぜひご参列いただけたらと思っております。
披露宴の招待状につきましては、後日改めてお渡しさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本来であれば、直接ご報告するべきところですが、メールでのご連絡となりお詫び申し上げます。

近いうちに改めてごあいさつに伺いたいと思います。
今後も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願いいたします。

 

結婚式に招待しない場合

結婚式に招待しない場合は、シンプルな入籍報告とともに、結婚式についても簡単に説明をしておくと丁寧です。
招待しない相手には、「結婚式は、親族のみで行うことになりました」と説明すれば角が立ちません。

結婚式自体をしない場合は素直に、「結婚式は行わず、親族だけで食事会を行うことになりました」でOKです。

【文例】

件名:結婚のご報告

◎◎さん

お疲れさまです。
○○課△△です。
お仕事中に失礼いたします。

私事で恐縮ですが、このたび○月○日に結婚することとなりました。
挙式は親族のみで、○月に行う予定です。

本来であれば、直接ご報告するべきところですが、メールでのご連絡となりお詫び申し上げます。

近いうちに改めてごあいさつに伺いたいと思います。
今後も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願いいたします。

 

結婚を機に退職する場合

結婚を機に仕事を辞める場合は、後任の担当者や引き継ぎの日程について説明するのが社会人のマナーです。
これまでお世話になったお礼も、重ねて文面に入れましょう。

【文例】

件名:結婚の報告と退職のごあいさつ

◎◎さん

お疲れさまです。
○○課△△です。
お仕事中に失礼いたします。

私事で恐縮ですが、このたび○月○日に結婚することとなりました。
挙式は親族のみで、○月に行う予定です。

なお、結婚にともない、○月〇日で退職することになりました。

現在の私が担当する業務や後任者については、改めてご連絡させていただきます。

ご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ございません。
何とぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

名字が変わる場合

結婚で名字が変わる場合は、書類をはじめ、さまざまな情報の書き換えが必要です。
相手に手間をかける一面もあるため、丁寧に事情を伝えてください。

【文例】

件名:改姓のご報告

◎◎さん

お疲れさまです。
○○課△△です。
お仕事中に失礼いたします。

私事で恐縮ですが、このたび○月○日に結婚することとなりました。
入籍にともない、〇月〇日より名前は□□となります。

メールアドレスなども変更となるため、お手数をおかけしますが、登録変更をお願いいたします。

 

お世話になっている人たちへの入籍報告は大切ですが、メールではどう伝えていいのか分からないことも多いですよね。
紹介した文例を参考に、作成してみてください。

また、メールの文面作りをはじめ、入籍報告の仕方に悩んだときは、プロのアドバイスに頼るのも賢い方法です。

ウエカレ相談カウンター」では、これから結婚準備を始めるカップルのために、相談カウンターを開催しています。
結婚挨拶から入籍まで、結婚準備ですべきことが詳しくわかる資料も提供しています。
ぜひ活用してください。

 

まとめ

結婚式のあり方は多様化していて、メールでの入籍報告は、決してNGではありません。
ですが、基本的なマナーを守らないと非常識と否定的に見られやすいので、注意しましょう。

結婚は自分たちだけでなく家族や職場にも影響を与えます。
相手やシーンにあわせた入籍報告で、ぜひ多くの人の祝福を受けてください。

今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

Recommend

コロナ第三波でもオンラインで結婚式準備はできる。オンラインで進める結婚式準備おすすめツールを紹介。 1

コロナ第四波到来、緊急事態宣言下で、これから結婚式を考えていきたい新郎新婦はどうしたらいいの? 結婚式は、当日までに一定の情報収集や、準備期間が必要なイベントだからこそ、事前の【情報収集】が大事! 今 ...

ウエディングフェスマガジン公式アンバサダー募集! 2

  ウエディングフェスマガジンでは一緒にウエディングフェスマガジンを盛り上げてくださる公式花嫁アンバサダーを募集いたします! フェスマガアンバサダーは審査不要。花嫁さんならだれでも ...

コロナ禍の結婚式場探しにおすすめ!日程変更料無料の式場集合イベント 3

【結婚式の延期代金がギリギリまでかからない式場】があることを知ってますか? コロナ禍で結婚式準備をする新郎新婦から、よく「もしコロナの影響で結婚式を延期したらどうする?」「延期代金はとても高いって聞く ...

《花嫁美容》結婚式は理想の肌で「なりたい肌」別 スキンケア6選 4

結婚式に向けて、花嫁美容を開始することが、今となっては一般的! 案外結婚式は、露出する部分が多いので肌の状態やきめの細かさは見られているのです…! 今回は自分史上一番素敵な状態で結婚式を迎えたい花嫁さ ...

-結婚報告・挨拶
-, , , , ,

© 2021 Wedding Fes Magagine|Value Management Inc