∟指輪 ∟プロポーズ 顔合わせ・結納 入籍・手続き 結婚式費用

入籍するなら知っておきたい!かかる費用の内容と相場

入籍するなら知っておきたい!かかる費用の内容と相場<婚約・顔合わせ・結婚式>

入籍するなら知っておきたい!かかる費用の内容と相場<婚約・顔合わせ・結婚式>

そろそろ結婚を考えているカップルにとって気になることのひとつが、入籍するにあたってかかる費用です。
手持ちの費用で足りるのか、不足分をどうするのかといったことはあらかじめ考えておきたいものですよね。
この記事では、入籍するためにかかる費用について解説します。

入籍にかかる費用① プロポーズ

入籍・結婚するなら知っておきたい費用:婚約・プロポーズ編

入籍・結婚するなら知っておきたい費用:婚約・プロポーズ編

プロポーズをするときに必要となる費用には婚約指輪や食事代などがあります。 それぞれどれくらいの費用が必要となるのかみていきましょう。

婚約指輪にかかる費用

婚約指輪の費用は人それぞれです。 そのため、いくらでないといけないといった決まりはありませんが、20万円~60万円程度みておくと良いでしょう。

婚約指輪を購入しないことにするカップルもいるので、必ずしも用意しないといけないものではありません。 とはいえ、婚約指輪は欲しいと考える女性が多いので、彼女から「婚約指輪はいらない」とあらかじめ言われていない限り、用意する予定でいるほうが良いでしょう。

彼女が「婚約指輪はいらない」と言った場合は、ネックレスやピアス、時計など記念となる別のものを贈ることもできます。

婚約指輪について詳細を知りたい方は「婚約指輪なしでプロポーズはあり?彼女の気持ちを聞くのが一番」の記事をご覧ください。

食事にかかる費用

食事にかける費用も人それぞれです。 とはいえ、プロポーズという特別な日なので、いつもよりも良いお店を予約することが多い傾向にはあります。 ふたりで30,000円~50,000円程度をみておくと良いでしょう。

もちろん、必ずしも食事の後にプロポーズと決まっているわけではないので、ちょっとふたりでドライブして素敵な景色の中でプロポーズというのもありです。

 

入籍にかかる費用② 顔合わせ

入籍・結婚するなら知っておきたい費用:両家顔合わせ編

入籍・結婚するなら知っておきたい費用:両家顔合わせ編

プロポーズが成功したら顔合わせを行います。 顔合わせは、お互いの家族を紹介し合い、両家の親睦を深めるのが目的で行われる食事会です。

顔合わせにかかる費用は、食事代だけではありません。 手土産代や洋服代、場合によっては宿泊費などもかかります。 また、結納を行うかどうかでもかかる費用は変わってくるでしょう。

ここでは、顔合わせにかかる費用の目安を紹介します。

顔合わせは誰が支払う?

顔合わせにかかる費用は誰が負担するといった決まりはなく、新郎新婦が支払う場合、もしくは新郎新婦の両親が払う場合があります。

・新郎新婦が支払う

入籍するふたりが支払うことにするなら、あらかじめ自分たちが負担することを双方の両親に伝えておくと良いでしょう。 新郎新婦が支払う場合も、きっちりと折半するのか、それとも新郎が多めに支払うのかといった点も話し合っておくようにおすすめします。

・両親が支払う

新郎新婦の両親が支払う場合は、折半するのが一般的です。 ただし、どちらかが同席した家族が多い場合は、それぞれの家族の食事代分を支払うことにするケースもあります。 また、新郎または新婦側の家族が遠方から出席した場合は、食事会の会場に近い側の両親が食事代を負担するケースもあるようです。 顔合わせの食事会の費用は、65,000円程度をみておくと良いでしょう。

 

結納を行う場合

結納は行う場合と行わない場合があります。 結納を行って、結納金を用意する場合の費用は100万円程度が目安です。 結納金は新郎側が用意し、新婦側は結納返しの用意をします。 とはいえ、結納や結納返しのルールは地域によって違うので、あらかじめ話し合っておきましょう。

 

顔合わせには食事以外にも費用がかかる

顔合わせには食事代以外にも費用がかかります。

・手土産

用意するのがマナーと決まっているわけではありませんが、用意するのが一般的です。 一方だけが用意して、用意していない側が気まずいといった事態を避けるために、用意するかどうか相談しておくと良いでしょう。 手土産の費用の目安は3,000~5,000円です。 あまりにも高価な物を渡すと、相手の負担となることがあるので気を付けましょう。

・洋服

顔合わせの服装に決まりはありませんが、改まった雰囲気で行うなら男性はスーツ、女性もスーツやワンピースが一般的です。 また、振り袖を着用することもあります。 必要に応じて、購入もしくはレンタルをしましょう。

・ヘアセット

美容室によって費用が異なりますが、3,000~5,000円くらいが目安です。

・交通費

どちらかの家族が遠方から出向く場合は、交通費が必要となります。 誰が交通費を負担するのかも決めておきましょう。

・宿泊費

遠方から来る家族が日帰りできない場合は、宿泊費も必要です。 宿泊費についても、誰が負担するのかを決めておくと良いでしょう。

 

入籍にかかる費用③ 結婚式

入籍・結婚するなら知っておきたい費用:結婚式・家族婚編

入籍・結婚するなら知っておきたい費用:結婚式・家族婚編

顔合わせが終わったら、いよいよ結婚式です。結婚式にかかる費用の目安も紹介します。

結婚式にかかる費用

国内での結婚式なら、挙式と披露宴(会食)があります。 よく結婚式の費用と聞くと300万~500万円程度をイメージされる方もいるかと思いますが、結婚式の費用は以下の4点で左右されます。

  1. 招待するゲスト人数
  2. 結婚式を挙げる月や、契約日から結婚式当日までのスパン
  3. 当日着用する新郎新婦の衣装の点数(ドレス2着、ドレスと和装 など)
  4. 結婚式当日ゲストに提供するお料理のグレード

例えば、招待するゲストが少なければ、結婚式全体でかかる総額は低くなりますし、大人数を招けば結婚式の総額は高くなります。 これだけ聞くと結婚式の費用を抑えるためには「招待するゲストの人数をとにかく減らせばよい」と考える人もいますが、 招待するゲストが多ければ、ゲストからいただくご祝儀金額も多くなるので、結婚式にかける自己負担金額は、最終的には抑えられる可能性もあります。

結婚式の費用について詳しく知りたい方は、無料でダウンロードできる「ウエディングマネーBook」をご覧ください。 元ウエディングプランナーが教える、結婚式にまつわる費用について、分かりやすく解説してあります。

結婚指輪にかかる費用

結婚指輪にかかる費用は、ふたりで20~30万円程度が目安です。 女性の指輪はダイヤモンドが装飾されていることが多いため、男性より数万円高い傾向にあります。

 

入籍にかかる費用④結婚式後にかかる費用

入籍・結婚するなら知っておきたい費用:ハネムーン・新生活編

入籍・結婚するなら知っておきたい費用:ハネムーン・新生活編

結婚式の後は、新婚旅行に行き、新生活がはじまります。それぞれにかかる費用は以下のとおりです。

新婚旅行にかかる費用

新婚旅行にかかる費用はカップルによって異なります国内にするのか、海外にするのか、海外でもアジアなのかヨーロッパなのかなどで、費用は変化します。また、何日間の旅行にするのか、ホテルのランクはどうするかでも費用は変わってくるものです。 航空運賃や旅行先での交通費、食事代に加えてお土産代なども用意しておくようにしましょう。

新生活にかかる費用

ふたりでの新生活のためにどちらか、もしくはふたりが引っ越しする必要があるでしょう。 そのための代金と、家具や家電、生活用品、インテリアなどのための費用がかかります。 どこに住むのか、何を購入するかなどで費用は異なりますが、40~80万円程度みておくと良いでしょう。

 

入籍後の手続きは多岐に渡ります。 何からはじめたら良いのかわからず、時間だけがどんどん過ぎていくこともあるものです。 そんな事態を避けるために役立つのが入籍後の手続きBOOKです。 入籍後の手続きBOOKを確認することで早期に手続きを完了することができますよ。

 

貯金がないと入籍できない?

結婚するにはお金がかかるが、貯金が無いと結婚できない?

結婚するにはお金がかかるが、貯金が無いと結婚できない?

入籍に至るまでにかかる費用を計算したところ、今の貯金額ではまだ足りない…
そんな場合は、入籍までの期間をもっと延ばすべきなのかと迷う人もいることでしょう。

しかし、貯金がないと入籍できないということではありません。
実際、
入籍するだけならお金は必要ないからです。

また、入籍までにかかる費用をある程度抑えることも可能です。
たとえば、結婚式の費用は大きな式場ではなくレストランウエディングなどにすることで抑えることができるかもしれません。
新婚旅行も行き先やホテルのランクなどを選ぶと、大幅に費用を抑えることができるでしょう。

ほかにも親からの援助やご祝儀に期待することもできます。
ふたりの手持ち費用の不足分を親からの援助やご祝儀で賄えるかもしれません。

ブライダルローンもあるので、ローンを借りることもできます。
ブライダルローンは、結婚式や新婚旅行の費用だけでなく、新生活をスタートさせるのに必要な費用にも利用できるので、お金が足りないカップルにとって助かるでしょう。
ただし、返済する必要があるため、パートナーと話し合って決めることが大切です。
ふたりで話し合った結果、ローンを利用するよりは、できるだけ費用を抑えるほうが良いと結論することになるかもしれません。

結婚式についてお悩みの方は「ウエカレ相談カウンター」にご相談ください。
結婚式までの準備の進め方、ぴったりの結婚式場の探し方など、オンラインで結婚にまつわるご相談に無料でお答えいたします。

 

まとめ

入籍までにはたくさんの費用がかかりますが、結婚するふたりで話し合って結婚式や新婚旅行などにかかる費用を抑えることも可能です。
また、結納を行うのかどうかでも費用は変わってきます。
地域によってルールは異なるので、お互いの親にも相談しつつ、行うもの行わないもの、費用を抑えるものなどを決めていくと良いでしょう。

今回はここまで。 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

Recommend

コロナ第三波でもオンラインで結婚式準備はできる。オンラインで進める結婚式準備おすすめツールを紹介。 1

コロナ第四波到来、緊急事態宣言下で、これから結婚式を考えていきたい新郎新婦はどうしたらいいの? 結婚式は、当日までに一定の情報収集や、準備期間が必要なイベントだからこそ、事前の【情報収集】が大事! 今 ...

ウエディングフェスマガジン公式アンバサダー募集! 2

  ウエディングフェスマガジンでは一緒にウエディングフェスマガジンを盛り上げてくださる公式花嫁アンバサダーを募集いたします! フェスマガアンバサダーは審査不要。花嫁さんならだれでも ...

コロナ禍の結婚式場探しにおすすめ!日程変更料無料の式場集合イベント 3

【結婚式の延期代金がギリギリまでかからない式場】があることを知ってますか? コロナ禍で結婚式準備をする新郎新婦から、よく「もしコロナの影響で結婚式を延期したらどうする?」「延期代金はとても高いって聞く ...

《花嫁美容》結婚式は理想の肌で「なりたい肌」別 スキンケア6選 4

結婚式に向けて、花嫁美容を開始することが、今となっては一般的! 案外結婚式は、露出する部分が多いので肌の状態やきめの細かさは見られているのです…! 今回は自分史上一番素敵な状態で結婚式を迎えたい花嫁さ ...

-∟指輪, ∟プロポーズ, 顔合わせ・結納, 入籍・手続き, 結婚式費用
-, , , , , , , ,

© 2021 Wedding Fes Magagine|Value Management Inc