神前式・神社婚って?事前準備で話したいこと・神社と披露宴会場の決める順番解説

∟挙式スタイル(神社婚・神前式)

神前式・神社婚って?準備のコツ・神社と披露宴会場の決める順番解説

「神前式に興味があるけど、費用や準備期間はどれくらい?」
「神前式と披露宴を行う場合は、神社と結婚式会場どっちから探し始めたらいいの?」
と気になるあなたにおすすめ!

今回は、神前式を行うために必要な準備や、そもそも神社婚とはどういうものなのか、神前式の後に披露宴を行いたい場合の注意点などをご紹介。
手元に残しておくと役に立つ、無料でダウンロードできるWeb資料「神社婚まるわかりBook」でも詳しく解説しています♪
ぜひ本文と合わせて参考にしてくださいね!

 

 

 

神前式・神社婚とは

神前式・神社婚って?準備のコツ・神社と披露宴会場の決める順番解説

神前式・神社婚って?準備のコツ・神社と披露宴会場の決める順番解説

まず初めに、神前式・神社婚についてご紹介します。

神前式・神社婚とは、神社や神宮、ホテルなどの神殿で挙式を執り行うスタイルのことで、日本古来の神様たちに結婚の誓いを立てる挙式です。
基本的に新郎新婦は和装(新郎は紋付き袴、新婦は白無垢か色打掛)で挙式に臨みます。
儀式的な意味合いが強いので、神社ごとに若干の違いはありますが、挙式の進行なども決まっている場合が多くあります。

神前式の他には、キリスト教式(キリスト教の教えにのっとり行う挙式スタイル)、人前式(参列したゲストに新郎新婦の将来を誓う挙式スタイル)、仏前式(ご先祖様に結婚の報告を行うスタイル)があります。
どの挙式スタイルにするのかは、ぜひ新郎新婦で一度相談をしてみてくださいね。

より詳しく神前式について知りたい方は、無料でダウンロードできる「神社婚まるわかりBook」がおすすめです!
次の画像をクリックし、必要事項を入力すると、登録したメールアドレスに自動返信でWEB資料が届きます。
神社婚の魅力、神前式準備のコツやおすすめの神社紹介などが分かりやすくまとめられているので、ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね♪

 

スムーズに神前式準備を進めるコツ・考えること5選

神前式・神社婚って?スムーズに神前式準備を進めるコツ・話したいコト5選

神前式・神社婚って?スムーズに神前式準備を進めるコツ・話したいコト5選

神前式の準備をスムーズに始まるためには、まず考えたいことが5つあります。

  1. 場所やエリアの希望
  2. 神前式を挙げたい時期
  3. 神前式の参列ゲストの人数・顔ぶれ(親族のみ・友人も少し招く 等)
  4. 神前式後の食事会(披露宴・会食)実施有無
  5. 費用のイメージ・予算帯

これらの5点を、まずは新郎新婦で話してみましょう。
それぞれについて、考える上でのコツをご紹介します!

場所やエリアの希望

結婚式を行う上で、どのような場所・エリアで挙げたいのかはまず考えるべきことでしょう。
新郎新婦の出身地や現住所、ゲストの在住地、思い出の場所などから考えていく方が多いです。

神前式の場合は、より神前式が盛んなエリアを選んでおくと、後程の神社選びや結婚式会場選びがスムーズになるのでおすすめです。
ちなみに、関西の中では神前式といえば京都がかなり有名で、普段神前式を行っている神社が多く、神前式後の食事会をよく行っている結婚式会場も多いので、打合せなどもスムーズにいくと思います。

神前式を挙げたい時期

いつ頃の時期に挙げたいか考えることは、神前式にかかわらず結婚式準備をする上で重要なポイントです。
特に、神前式のあとに食事会(披露宴・会食)を実施したい場合は特に重要で、挙げる時期により費用を賢く抑えられる場合も多くあります。

ただ、いつの時期でも希望できるわけではありません。
神社にもよりますが、一般的には希望する時期の約1年3か月前~約1年前にならないと神前式の日程が解禁されない為、あまり遠すぎる日程を希望する場合は日程の仮予約ができない場合もあります。
また、神社では季節ごとに各種神事が行われているため、年末年始・お祭りシーズン・イベント開催時期などは神前式を承っていない神社もあります。
1日に何組の神前式を行っているかも神社によるため、まずは神社に問い合わせる前に、公式ホームページなどで調べてみると良いでしょう。

神前式の参列ゲストの人数・顔ぶれ(親族のみ・友人も少し招く 等)

神前式の場合、挙式を行うスペースに入れる人数に制限がある場合があります。
人数制限だけでなく、親族しか参列できない神社など、招くゲストの顔触れによる制限がある場合もあるので、事前に新郎新婦で希望をすり合わせておきましょう。
基本的には神社の公式ホームページに詳細は記載されています。

神前式の多くのケースでは、挙式は家族や親族のみ参列し、神前式後の食事会(披露宴・会食)からそのほかのゲストも合流します。
それも、神前式を行うスペースに入れる人数が制限される場合が多いことも要因の一つです。

神前式後の食事会(披露宴・会食)実施有無

神前式を行う日のスケジュールとして、神前式だけで終了するのか、神前式後に食事会(披露宴・会食)を行いたいのかでも、神社の選び方が異なります。
神前式だけでよいのであれば、普段神前式を行っている神社であればどこでも問題ありませんが、食事会も行いたい場合は、神社から食事場所(=結婚式会場)までの移動距離や連携体制が重要です。
また、食事会を行いたい場合は、招くゲストの人数により選ぶべき結婚式会場の規模感も変わるので、だいたい何名くらい招きたいのかを事前に検討しておきましょう。
ちなみに食事会の実施有無により、神社と結婚式会場のどちらから決めていくと準備がスムーズなのかも異なりますので、詳しくは次の、「神社と結婚式会場はどっちから決める?」でご紹介します。

費用のイメージ・予算帯

神前式を行う場合に必要な費用としては、初穂料(=挙式料)、新郎新婦の和装レンタル代、着付けヘアメイク代、移動のお車代(両家による)などがあります。
普段から神前式をメインで行っている神社であれば、「挙式プラン」の用意があり、初穂料や和装レンタル代、着付けヘアメイク代などがセットになっている場合もあります。
しかし、普段あまり神前式を行っていない小規模な神社の場合は、和装レンタルや着付けヘアメイクについては、新郎新婦自身が別途手配しないといけない場合もあるので注意しましょう。
別途手配しないといけない場合は、和装をレンタルしてくれる衣装店との相談・打合せ・神社との調整なども全部自分達で行わないといけない為、かなり準備は大変です。

 

神社と結婚式会場はどっちから決める?

神前式・神社婚って?神社と披露宴会場はどちらから決めるべき?

神前式・神社婚って?神社と披露宴会場はどちらから決めるべき?

こちらは神前式の後に食事会(披露宴・会食)を行いたい方に、ぜひ参考にしていただきたい項目です。
ちなみに披露宴とは招待するゲスト人数が30名以上のパーティーのこと、会食とは招待するゲスト人数が30名未満の小規模なパーティーのことを指します。
近年はコロナ禍の影響もあり、披露宴よりは、会食ニーズが高まっており、家族だけで会食する方もいれば、家族と友人少しを招いて会食をされる方もいます。

結論、神前式の後の食事会を行う場合は、神社と結婚式会場では結婚式会場から先に決めることがおすすめです。
理由は大きく3点あります。

  1. 神社から先に決めてしまうと、神前式の時間に合う食事会場を抑えにくい
  2. 基本的に結婚式会場なら神社の空き状況も一括して調べて提示してくれる
  3. 結婚式場によって提携神社が異なり、連携が密な神社であれば当日もスムーズ

なぜ、神社ではなく結婚式会場から決めた方がよいのか、理由を1つずつ見ていきましょう。

神社から先に決めてしまうと、神前式の時間に合う食事会場を抑えにくい

神社により異なりますが、一般的に神前式の所要時間は約20分前後です。
そのため、神前式を普段からメインで行っている神社であれば、1日に30~60分置きに挙式枠用意されており、かなり柔軟に挙式時間を選ぶことができます。
事会の所要時間は約2時間~2時間半の為、結婚式会場では一般的に1部屋当たり1日2~3組の実施が最大となるので選択肢は狭まります。
ちなみに神前式開始~食事会開始の間は、写真撮影や移動、身支度を整える時間などが必要なので、一般的に2時間~2時間半程度空ける場合が多く、
先に神前式の日時を抑えた後に最適な時間を空けた食事会場を抑えようとすると、かなり選択肢が限られ苦戦をすることになります。

だからこそ、開始時間による選択肢が限られ、かつ招待するゲスト人数により最適な会場が変わる結婚式会場から先に抑え、時間を逆算して神前式の日時を柔軟に決めることが、スムーズな神前式準備の第一歩となります。

基本的に結婚式会場なら神社の空き状況も一括して調べて提示してくれる

基本的に食事会を行う結婚式会場では、結婚式会場の空き状況だけでなく、希望をすれば神前式の空き状況も神社に問い合わせてセットで提示してくれるケースが多くあります。
神社は基本的に結婚式会場の案内をしないケースが多いため、先に神社に問い合わせて神前式日時を決定した場合は、自力で結婚式会場の空き日程を調べ、手配する必要があるので、かなり手間がかかります。
神前式開始~食事会開始の間が最適な結婚式会場は、神社からかなり遠く移動に負担がかかる場所しかなかったという場合も起こりえるので注意しましょう。

結婚式場によって提携神社が異なり、連携が密な神社であれば当日もスムーズ

結婚式会場によっては、特定の神社との提携プランがあったり、連携が密で普段からよく神前式後の食事会を行っている場合があります。
その場合であれば、当日の新郎新婦やゲストの移動はもちろん、タクシーや和装レンタルの手配、当日の進行についてもサポートしてくれるため、安心して当日を迎えられます。

逆に普段あまり神前式を行っていないような結婚式会場は神前式後の食事会場としては不向きで、神社との連携ミスで結婚式当日に思わぬトラブルが発生するリスクが高いです。
式場スタッフや美容スタッフが神社まで同行してくれず、新郎新婦とゲストだけで、当日の神社とのやり取りや移動の手配を行わないといけないケースもあるので、神前式後の食事会を行うのであれば、実績が豊富な結婚式会場を選ぶことが重要です。

 

もっと詳しく知りたい方、神前式後の食事会場選びを賢く進めたい方は、無料でダウンロードできるWEB資料神社婚まるわかりBook」がおすすめです。
新郎新婦での相談にも役に立つ資料なので、ぜひ参考にしてみてください!

 

まとめ

ここまで、神前式とは・スムーズに神前式準備を行うコツ・神社と結婚式会場はどっちから決めるべきか についてご紹介しました。
神前式の準備や当日のイメージは湧いてきましたか?
ぜひ、新郎新婦で相談をする際にお役立ていただけたらと思います!
素敵な神前式をお迎えください♪

今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

Recommend

コロナ第三波でもオンラインで結婚式準備はできる。オンラインで進める結婚式準備おすすめツールを紹介。 1

コロナ第四波到来、緊急事態宣言下で、これから結婚式を考えていきたい新郎新婦はどうしたらいいの? 結婚式は、当日までに一定の情報収集や、準備期間が必要なイベントだからこそ、事前の【情報収集】が大事! 今 ...

ウエディングフェスマガジン公式アンバサダー募集! 2

  ウエディングフェスマガジンでは一緒にウエディングフェスマガジンを盛り上げてくださる公式花嫁アンバサダーを募集いたします! フェスマガアンバサダーは審査不要。花嫁さんならだれでも ...

コロナ禍の結婚式場探しにおすすめ!日程変更料無料の式場集合イベント 3

【結婚式の延期代金がギリギリまでかからない式場】があることを知ってますか? コロナ禍で結婚式準備をする新郎新婦から、よく「もしコロナの影響で結婚式を延期したらどうする?」「延期代金はとても高いって聞く ...

《花嫁美容》結婚式は理想の肌で「なりたい肌」別 スキンケア6選 4

結婚式に向けて、花嫁美容を開始することが、今となっては一般的! 案外結婚式は、露出する部分が多いので肌の状態やきめの細かさは見られているのです…! 今回は自分史上一番素敵な状態で結婚式を迎えたい花嫁さ ...

-∟挙式スタイル(神社婚・神前式)
-, , , , , ,

© 2021 Wedding Fes Magagine|Value Management Inc