結婚式場

神戸で神戸らしい親族だけの家族婚を!少人数結婚式向き式場4選

アットホームな雰囲気で親族のみで結婚式を挙げたい!

せっかくなので、親族に神戸らしさを味わって欲しい!

今日は、「神戸らしさ」 × 「少人数結婚式向き」 の結婚式場をご紹介します!

神戸らしい結婚式場とは!?

生まれ育った街・ゆかりの地神戸。

せっかく参列するゲストに神戸らしさを感じて欲しい。

そう考える神戸女子は多い。

それだけ神戸の街は自慢できる素敵な街。

古くは江戸時代。鎖国していた日本で最初に開港した5つの港のうちの1つが神戸港。

当時たくさんの外国人が神戸に降り、居留地で商売をし、北野に異人館を築いた。

それが故に、神戸の街はどこか異国情緒あふれる魅力が令和の今も感じる事ができる。

和洋折衷なレトロな街並みが神戸っぽい。

そんな結婚式場で結婚式ができると素敵ですね。神戸らしい。

少人数結婚式向きの結婚式場とは!?

結婚式場はビジネス上、枠ビジネスに当たるので、式場側としては参列人数の多いカップルを優遇する事が多い。同じ時間枠で売上が大きくなるのは、一般的に人数が多い方になるからです。

少人数の結婚式を検討していると伝えると、3カ月以内・夜遅い時間の予約枠だけを案内されることがあるというから驚きです。

よって、親族だけの少人数結婚式を検討される方は、少人数専用の披露宴がある結婚式場を選んだ方が良いです。

神戸の神戸らしい少人数結婚式場①:北野異人館 旧クルペ邸

北野異人館 旧クルペ邸は親族のみの結婚式にピッタリな会場

親族のみの結婚式にピッタリの角卓・流しテーブルは魅力。レトロな雰囲気は素敵すぎる

北野異人館 旧クルペ邸おすすめの3つのポイント

①異国情緒あふれるウエディングタウン「ロケーション」 × 「好アクセス」

神戸北野は、新神戸駅から5分、各線三宮駅から徒歩10分、タクシーでも5分以内の好立地。

また海や居留地を一望でき、明治時代の面影を残した異国情緒溢れる北野は、多くの外国人とVIPを迎えた街。

1980年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定され、今では国内外から人気の街になりました。

②築100年の「非公開異人館に招待する」というもてなし

明治時代にドイツ人の貿易商クルぺ氏が、ゲストをもてなすために建築。

現在でも美しい木目や選びぬかれた調度品が残り、当時のアンティークな趣を感じる邸宅でゲスト様をお出迎え。

③想い描くパーティが叶う 自由度の高い「一棟貸切ウエディング」

エントランスからテラスまで、建物すべてが貸し切りに。

また空間の使い方が自由なため、コーディネートや演出が自由に叶うことも貸切りの魅力。

館内を自由にコーディネートでき、料理やフラワーのオーダーメイドも可能です。

神戸の神戸らしい少人数結婚式場②:北野異人館 旧レイン邸

北野異人館 旧レイン邸は家族婚に適切なサイズの結婚式場

白亜の北野異人館 旧レイン邸は私らしく染められる。コーディネート次第でエレガントにも、キュートにもなる

北野異人館 旧レイン邸おすすめの3つのポイント

①異国情緒あふれるウエディングタウン神戸北野「ロケーション」 × 「好アクセス」の奇跡

北野異人館 旧クルペ邸と同様アクセスが良く、しかも異国情緒あふれる異人館街。

ゲストに神戸らしさを感じてもらえる街並みが異人館。結婚式場に向かう道中に神戸らしさのおもてなしがある。

②神戸を代表する洋館「非公開 異人館に招待する」というもてなし

1900年築の非公開異人館。外国人の私邸として誕生し、100年以上の時を刻み、

世紀を超え愛され続ける「北野異人館 旧レイン邸」は、1980年に神戸市の「伝統的建造物」に指定されました。

③涙を誘う家族のストーリーを演出する挙式演出「クロスバージンロード」

レイン邸のチャペルは、他にはないクロスバージンロード。

2本のバージンロードが中央で交わり、祭壇までは一本道。

このバージンロードは二人の人生を表す。

別々に生まれ育った二人が出会い、一緒に人生を共にする意味を持つ。

その演出に家族は涙する。

神戸の神戸らしい少人数結婚式場③:神戸迎賓館 旧西尾邸

親族が喜ぶ神戸の迎賓館

華麗なる一族を思わす神戸迎賓館は縁起の良い家族の繁栄をあらわす

神戸迎賓館 旧西尾邸 3つのおすすめポイント

①100年前から残る本物の迎賓館で叶える「兵庫県唯一の文化財ウエディング」

貿易商をされていたオーナーが、大正時代の当時、海外の財界人をもてなした場所。神戸社交界の象徴。

海外ゲストが親しみやすいよう、外観はドイツの城をイメージした洋館。

日本の文化を感じていただきたいという想いから、館内は和を取り入れた和洋折衷の建物。雰囲気はまさにレトロモダン。

②「広大な敷地」×「組数限定」だからこそ叶う、プライベート空間

三宮駅より14分の須磨駅から、タクシーでワンメーター。

市街地からたった20分で、青空と広大な緑が広がる「旧西尾邸」。

都会の喧騒を忘れるようなロケーションは、まさに別世界。

10,000平米の広大な敷地でありながら、館内にある少人数専用個室VIPルームは1日午前・午後各1組様限定のため、プライベート感が叶います。

③文化財ウェディングの「上質なもてなし」

兵庫県口コミサイトで、ゲストハウス部門1位を複数回受賞した歴を誇る「神戸迎賓館 旧西尾邸」。

文化財にふさわしい「上質な料理とサービスの提供」が誇りです。

門番のスタッフから庭師、シェフ、サービス、プランナーにいたるまで、プロフェショナルのスタッフが揃う安心感も魅力。

神戸の神戸らしい少人数結婚式場④:ザ・ヒルサイド神戸

ザ・ヒルサイド神戸は完全貸し切りで贅沢な少人数結婚式が叶う

安藤忠雄建築で叶う少人数結婚式は贅沢の極み

ザ・ヒルサイド神戸 3つのおすすめポイント

①「自然と光の融合がテーマ」 安藤建築で過ごす贅沢とは

世界的建築家「安藤忠雄氏」初期の貴重な建築。コンクリートのミニマム設計。

たっぷりと光が降り注ぎ、どの場所からも自然を感じる開放感。

一歩足を踏み入れると、スタイリッシュでリュクスな非日常な世界が広がります。

②「完全貸し切りだからこそ叶う」自由度の高いウェディング

建物すべてが貸し切りに。空間の使い方が自由なため、コーディネートや演出が自由に叶うことも貸切りの魅力。コンクリートの壁面に前撮り写真を飾ったり、センターコートで集合写真やブーケトスを行ったり。

完全貸し切りだから館内を自由にコーディネートでき、料理やフラワーのオーダーメイドも可能です。

③徹底的に料理にこだわるオープンキッチン

料理の監修は関西フレンチ界の重鎮 石井之愁。

欧米ではミシュランと並ぶグルメガイド「ザガットサーベイ」で4年連続神戸NO.1の受賞歴を持つ。

料理にこだわるカップルにおすすめの結婚式場です。

ウエディングフェスマガジン編集部より

神戸らしさ × 少人数結婚式でおすすめの結婚式場をご紹介しました。

親族のみの結婚式だからこそ、老若男女問わず好まれる雰囲気が重要。

異人館、文化財、安藤建築、いずれも価値の高い施設となります。

20代・30代でこの価値ある建物を選ぶおふたりを親族が驚くはず。

素敵な会場に出会えると良いですね!

それでは今日はここまで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Recommend

VMGオンライン式場相談 1

結婚式の準備を始めるときに「何から始めて良いのかわからない」。そんな疑問を持つ方は非常に多いです。 そういった方々はウエディングフェスに参加して式場や結婚式について知るのが一般的ですが、昨今のコロナウ ...

2

結婚式準備って最初は何からすればいいのか分からないですよね。そんな中、新型コロナウイルスの影響で外に出ることが出来ず、結婚式の準備をスタートできていない方も多いです。 ですが、このコロナ禍で結婚式界隈 ...

3

「フォト婚をしたいけれど、どうやってスタジオや会場を選んだらいいのかわからない」 そういった悩みをもつ方は沢山いらっしゃいます。通常の結婚式と異なり、サイトに載っている情報も少なく、本当に質の高いもの ...

4

おふたりの間で結婚することが決まったら、まずは結婚式場探し、、、。 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出の自粛要請が出ていて 式場探しを含めた結婚式の準備がなかなか進めれないと思っているカッ ...

-結婚式場
-, , , , , , ,

Copyright© Wedding Fes Magagine|Value Management Inc , 2020 All Rights Reserved.