★コロナ禍の結婚事情★

コロナ第三波の結婚式はどうなる?第二波までとは違う動きに注目!

コロナ第三波が到来!

全国で毎日、コロナウィルスの感染者数が過去最大を更新している。

冬が到来し、気温が下がり、人の抵抗力も下がるので、今後感染は広がっていく事が予想される。

では結婚式はどうしたら良いの?

という事で、ウエディングフェスマガジンにて、本日は「コロナ第三波の結婚式はどうなる?第二波までとは違う動きに注目!」をご紹介します。

 

ウエディングフェスマガジンではコロナ第二波でも特集した

ウエディングフェスマガジンでは、コロナ第二波の際も、結婚式実績者への一斉アンケート、実績者の体験談、編集部から提言などいくつかの記事を展開し、コロナ禍の悩めるカップルの為に役立つ情報提供を行ってきました。

コロナ第二波の際の特集記事は下記の通りです。

▼ コロナ第二波の結婚式事情と新郎新婦が判断すべき3つの方向性

▼ 結婚式決行した花嫁さんの体験談とコロナ第二波最新のアンケート

▼ コロナで結婚式を延期する前に考えるべき3つのポイント!

▼ コロナの影響で結婚式を家族だけの家族婚に変える時のポイント3つ

 

コロナ第三波の到来で結婚式はどうなる!?

今後、コロナ第三波が本格的に到来する事がほぼ確実な中で、カップルは結婚式をどうするか?を判断していく事になりますが、現状の展望をご紹介していきます。

コロナ第一波の際の結婚式

まず、2020年春のコロナ第一波の時は、緊急事態宣言が発令されましたので、95%以上の結婚式は延期・キャンセルとなりました。

この時に結婚式を実施した5%は、主に同居する家族だけで行う家族婚の方で、人を招く結婚式を行う95%の方は選択の余地がほぼ無い状況で延期・キャンセルとなりました。

 

コロナ第二波の際の結婚式

次に、2020年夏のコロナ第二波の時は、緊急事態宣言が発令されている訳ではないので、人により判断が分かれました。

夏から秋にかけて結婚式を行うカップルは、大きく3パターンの判断を行いました。

  • 結婚式を延期する
  • 結婚式の規模を縮小する
  • 予定通り結婚式を行うが、参加有無の判断は参加者に委ねる

夏~秋に結婚式を行うカップルは春からの延期組も多く含まれていた関係もあり、延期するカップルは少なく、多くのカップルはコロナを配慮しながら、結婚式を実施するという選択肢を取りました。

  • 夏の結婚式で最も多かったのは、結婚式の規模を縮小して家族だけで結婚式を行う。
  • 秋の結婚式で最も多かったのは、予定通り結婚式を行うが、参加有無の判断は参加者に委ねる。

でした。9月~11月は社会情勢としても、以前ほどコロナを気にしておらず、マスクはするが、普通の生活に戻りつつあったタイミングでした。

あと、まだそれほど多くはありませんが、オンライン結婚式を行うカップルも現れました。

7月頃までのオンライン結婚式は、オンラインだけで行う結婚式でしたが、8月以降のオンライン結婚式はリアル結婚式をオンラインで配信するという形式の結婚式でした。

これは、以前の記事「オンライン結婚式併用で延期も規模縮小もせずに行う結婚式が新しい!」でもご紹介しておりますが、先ほどの選択肢「予定通り結婚式を行うが、参加有無は参加者に委ねる」の応用系となる様な考え方で、春から結婚式業界でオンライン結婚式の開発の取り組みがなされていた事もあり、急速に進化しています。

コロナ第三波の際の結婚式

そして、11月に入り、コロナ第三波の報道がなされる様になり、結婚式を控えるカップルは下記の三択を迫られる事となり、再び悩める状況となりつつあります。

  • 結婚式を延期する
  • 結婚式の規模を縮小する
  • 予定通り結婚式を行うが、参加有無の判断は参加者に委ねる

ちなみに、第三波では現在のところ「予定通り結婚式を行うが参加有無の判断は参加者に委ねる」の選択肢が最も多くなっております。

既に数カ月後にはコロナが収まっているという期待が低くなっている(ワクチンができそうとかという話はあるが、WHOは数十年続くと警鐘を鳴らす状況)上に、既にコロナ禍での外出にも慣れている人が増えている為、結婚式を実施しようと考えるカップルが多くなっています。

また、結婚式を延期した実績者の声(延期のストレスは精神的にも金銭的にも大きい)を聞いて、延期よりもできる方法で結婚式を実施しようというカップルが増えてきている状況です。

結婚式決行という言葉がプレ花嫁の中で、一つの流行語となっています。

最近では、〇〇さんの結婚式だから、参列者もクラスターを出さない様に協力しようなどの協力体制があり、大変な時だからこその助け合いがあったという声を聞きます。

 

コロナ第三波で結婚式を行う場合に注意すべき点

結婚式場は元々ウィルスに対する対策は、通常の飲食店よりも厳しくしっかり対策しています。

これは、ノロウィルスなど食中毒を出すと、営業停止になる為、どの結婚式場もウィルス感染に対しては、過度とも思えるほど敏感に、元々対応していました。

さらに、コロナ禍での多数の結婚式延期に伴い、経営に甚大に影響が出ている為、どの結婚式場も生き残りをかけて、真剣にコロナ対策を行っています。

業界団体であるBIA基準を順守している結婚式場が多く、大手結婚情報誌ゼクシィが掲げる「ニューノーマル宣言」や新興結婚式メディア・リクシィ社の掲げる「withコロナ宣言」など結婚式場も感染拡大対策が進んでいます。

この秋はかなり多くの結婚式が行われましたが、クラスターが発生したのは滋賀県の結婚式場の1件のみとなります。

1件発生しているのか!と思われるかもしれませんが、結婚式実施数は何万と実施していますので、発生確率からすると相当低い状況です。

 

そんな感染症対策をしっかりしている結婚式場ですが、ここからのコロナ第三波で最も警戒しないといけないのは「換気」です。

冬になり、気温が下がる為、窓を開けたままにして換気する事が難しくなりますが、感染症対策の観点で換気は行うべきです。

専門家が推奨する冬の換気方法があります。

  • 二段階方式の換気
  • 常時換気
  • 湿度も注意

詳細は下記のNHKニュースのツイート映像をご参照ください。

コロナ禍でのウエディング業界の流れ

コロナ禍の結婚式に関して、ニュースで紹介されています。

動画で今の結婚式の状況がコンパクトにまとめられていますので、是非一度ご覧ください。

また、あんてぃも社長のウエディング経済チャンネルでも、コロナ第三波に関する動画が放映されています。

コロナ禍から7カ月で、ウエディング業界の最新の取り組みが紹介されています。

9:54の動画になりますが、業界サイドがどう考えているかを見ておくのもオススメです。

 

withコロナで進める結婚式の安心ガイド

コロナ第三波の影響が出てきましたので、ウエディングフェスマガジンでも何度も紹介しているウエカレの「withコロナで進める結婚式の安心ガイド」をご紹介します。

withコロナ時代で結婚式場探しを行う時、結婚式を行う時に考えておくべきポイントをまとめられています。

 

「withコロナで進める結婚式の安心ガイド」は、下記の内容が記載されています。

  1. 結婚式式の選択肢を知ろう
  2. 契約について確認しておこう
  3. 会場のコロナ対策を確認しておこう

下記よりダウンロードができますので、コロナ第三波で結婚式を進める方必見のガイドです。

ウエディング業界、最新の進め方が整理されています。

ぜひダウンロードください。もちろん無料です。

▼ withコロナで進める結婚式の安心ガイドのダウンロードはこちら

 

ウエディングフェスマガジン編集部より

コロナ禍の中で、結婚式が無事に進められる様に、ウエディング業界側でも、ガイドライン「結婚式Q&A集」withコロナ時代の結婚式宣言」に全国31社133式場が賛同〜「NEW NORMAL for HAPPY WEDDING宣言」などコロナ対策の取り組み、ガイドラインが制定されていますので、ご参考までに。

ウエディングフェスマガジンでは、今後もコロナ第三波も特集していきます。

今日はここまで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Recommend

VMGオンライン式場相談 1

結婚式の準備を始めるときに「何から始めて良いのかわからない」。そんな疑問を持つ方は非常に多いです。 そういった方々はウエディングフェスに参加して式場や結婚式について知るのが一般的ですが、昨今のコロナウ ...

2

結婚式準備って最初は何からすればいいのか分からないですよね。そんな中、新型コロナウイルスの影響で外に出ることが出来ず、結婚式の準備をスタートできていない方も多いです。 ですが、このコロナ禍で結婚式界隈 ...

3

「フォト婚をしたいけれど、どうやってスタジオや会場を選んだらいいのかわからない」 そういった悩みをもつ方は沢山いらっしゃいます。通常の結婚式と異なり、サイトに載っている情報も少なく、本当に質の高いもの ...

4

おふたりの間で結婚することが決まったら、まずは結婚式場探し、、、。 ただ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出の自粛要請が出ていて 式場探しを含めた結婚式の準備がなかなか進めれないと思っているカッ ...

-★コロナ禍の結婚事情★
-, ,

© 2020 Wedding Fes Magagine|Value Management Inc